キャリアチェンジして成長したい
その苦労も含めて楽しむ

K.N入社1年目シニアコンサルタント

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ、独立を経て2016年ビズオース入社

SEからコンサルタントへ

イメージが変わった 大手SIerのSEからコンサル業界に転職しました。転職時に探していたのは、大手ファームが多かったのですが、最終的にはビズオースに決めました。大手だと自分に与えられたミッションを、ただこなすだけという人も多い印象でしたが、ビズオースは主体的に自分の仕事を作っていくことを求められ、そこが決め手になりました。実はコンサルティング業界に対して、少し胡散臭さを感じていたんです。荒唐無稽な計画を綺麗な言葉で説明して、高いお金を稼ぐ・・そのようなイメージです。それが、ビズオースの面接で機能補完型(情報システム部に不足している機能をビズオースが要員として補完する)という説明を受け、その胡散臭さは無くなりました。単なる計画で終わらせるのではなく、運用まで実行している点に実直さが感じられました。加えて、ビズオースはITに強く、自身のキャリアを活かすことができると感じたのも理由でした。

カルチャーギャップを楽しむ 入社してからまだ間もないのですが、仕事の仕方や空気感には馴染めてきており、とても居心地よいです。しかし、SEではやっていなかったことに挑戦しているため、つまずくことも多くあります。まず、求められる結果がSEとコンサルタントでは大きく違うと感じました。SEの時には、作成資料のフォーマットはある程度固まっており、項目を穴埋めしていくだけ、という感じでしたが、コンサルタントは、そもそもの課題提起から行いロジックも組み立てます。言葉選びにしても、SE同士で伝わる言葉と、お客様の現場に伝わる言葉は全く違います。予想はしていたものの、やはり苦労はしています。ただ、その苦労をしたくてビズオースに来たので、それも含めて楽しめていると思っています。また、コンサルタントは結果重視でドライな人間関係というイメージがありましたが、実際には違いました。社員はみな人当たりが良く、飲み会やイベントを通じて個人的な悩みを相談したりと、大手SIerに居た頃よりむしろウェットでした。ビズオースは小さな会社ということもあり、入社するまでは、きちんとした社内制度は期待できないものと思っていました。しかし実際に入社してみて、福利厚生や社内研修などの制度も充実しており驚きました。

成長を促す社風 まず、社内風土として、若手社員の成長が会社の成長につながると考えているのを感じました。直属の上司は、自分が目指すキャリアを踏まえて担当すべき業務を任せてくれるので、明確なミッションを持って仕事に取り組めています。失敗や間違いについても、それがきちんと意図をもって行動した結果であれば、その意図をきちんと汲み取ってフィードバックしてくれます。また、シニアマネージャー層が中心となって運営する演習形式の研修があるのですが、それが直接に業務に役立っています。ロジカルシンキングや、ファシリテーションなど、コンサルタントとして必要な素養・スキルを身につけるための内容で、フォローがかなり手厚いのもありがたいです。

キャリアチェンジ志向の方へ 自分自身も入社したばかりで、まだアドバイスできることは少ないのですが、SEからのキャリアチェンジでコンサルタントとして成長したいと思っている方には、ビズオースは良い選択だと思います。研修は週末開催で自由参加なのですが、内容が面白いので、全く苦にならず継続参加できています。同期入社の若手はSIer出身が多く、みな成長したい思いがあって入社しているためグループワークの研修は非常に盛り上がります。同じようなキャリアを志向している方には是非来ていただきたいです。

主な経歴

業界 参加プロジェクト
大手不動産会社 マーケティング基盤構築プロジェクト

新しいシステムを構築・導入においては、現場の業務に受け入れられるものでなくてはなりません。そこで、私は業務フローの設計や現場からの要求事項を取りまとめることを通じて、現場の利益につながるシステム作りに役立てています。営業やマーケティング、校閲など、立場が異なると考えや目的意識が異なるため、それぞれの立場に寄り添いながら、同じ視点に立って新しい業務やシステムがどうあるべきかを考え出すことにやりがいを感じています。今後は出来上がった新しいシステムを現場の方に説明し、使って頂く役割を担っていく予定で、さらに活躍の場を広げられることにワクワクしているところです。