データ分析によって
デジタルマーケティングを支える

K.H入社4年目シニアコンサルタント

金融系SEを経て2014年にビズオースへ入社

着実な成長を遂げ、時代の先端へ

社会インフラを支えるITに貢献したい 大学卒業後、金融系のシステム会社に就職しました。学生時代のバイトで、ATMの監視をしていた際の経験が志望動機です。3.11の震災直後に、銀行のシステムが止まり、大混乱に陥る状況に居合わせ、お金を引き下ろせなくなった人たちを目の当たりにしました。何とかしてあげたいという思いとは裏腹に、何もできない自分に対し、無力さを痛感しました。そのような経験から、社会インフラを支えるITの重要性について考えるようになりました。金融系システム会社では、入社から2年半ほどパッケージの保守開発に携わり、お客様とベンダの中間に入って仕様調整や基本設計などを主に担当しました。その後、転職し現職となります。

経験したことがない分野に飛び込んでみたい 前職に不満はなかったのですが、純粋に転職をしてみたいという興味からビズオースの求人に応募しました。前職はアプリ系の仕事ばかりでしたので、インフラをやってみたいという思いも持っていましたね。コンサルティングという仕事については多少敷居が高いかなという印象もありましたが、面接で仕事内容を聞いた際に、ユーザ側に立ちベンダと折衝すること、ベンダの説明を聞き、咀嚼してユーザに伝えることなどは、前職で私がやっていたことがある程度通用するのかなという感触もあり、入社を決意しました。

多様な経験を積み上げ、デジタルマーケティングのプロフェッショナルを目指し邁進する日々 最初に配属されたプロジェクトは大規模システムの刷新プロジェクトで、そこではPMOとして1年半ほど従事しました。主に要員管理や進捗管理、討議資料の整理などを行っていました。プロジェクトが大規模でしたので、大手コンサル各社から優秀なコンサルタントが集まっており、是々非々の白熱した議論が日常的にされていました。巻き込まれることがよくありましたが、その渦中で、コンサルタントの大変情熱的で、妥協を許さない仕事ぶりに驚かされたとともに、当事者意識を持つことの大切さを学びました。当時を今振り返ると、割と冷静且つ客観的に状況を見ることができていたと思います。その後、デジタルマーケティングプラットフォームの分析系業務に設計フェーズから参画し、現在も運用を継続して行っています。この業務を通じ感じていることは、私はデータや数字を扱うことや、下支えとなる基盤系のITに関与することが性に合っているということです。先進的な分析基盤を使い、データの分析結果から新たな気づきを得て、仮説を立て、検証する。小さな成功を積み上げていくことで、お客様の事業や業務に多少なりとも貢献できている実感があります。数字によってはお客様の意思決定を左右してしまうこともあるため、非常に神経を使いますが、そのようなプレッシャーは責任の大きさの現れでもあるため、逆にやりがいに繋がっています。デジタルマーケティングは今後伸びる分野だと考えていますので、私の蓄積したノウハウが横展開され、今後の様々な新規プロジェクトが成功に繋がればと思っています。

さまざまなタイプのコンサルタントが共存する組織へ ビズオースは、情熱溢れるコンサルタントが多く在籍しております。少々暑苦しい組織に見られがちですが、私のように少し客観的な立ち位置、粛々と物事を進めることを好むメンバーも多くいます。この記事を通して、ビズオースという組織が多様であることを皆さんに感じていただきたいですし、この記事が、コンサルタントになりたいけど何か躊躇してしまう、今一つ自信が持てない、という思いの方の後押しになれば幸いです。

主な経歴

業界 参加プロジェクト
大手不動産会社 分析推進プロジェクト
大手損保会社 システム刷新プロジェクト

多様な業務を経験できるので、知的好奇心が旺盛な方は楽しめると思います。