上司を「追う」立場から
結果に責任を「負う」立場へ

H.H入社2年目マネージャー

独立系SIer、ユーザー系SIerを経て2016年ビズオースへ入社

部下に背中を見せる覚悟

ITの在り方にこだわり、ユーザ側へ 大学は経営学部だったのですが、事業をITで支えることについて学び、就職活動の頃からユーザー系SIerに入りたいと思っていました。ただ当時(約15年前)は、ユーザー系SIerは自分でモノを作らない、エンジニアの気持ちが分からない、という風潮を感じていたので、まずは独立系SIerにエンジニアとして入社しました。そこでは、モノづくりの基礎を学ぶ目的で3年後には転職する前提でいました。その後は予定通りユーザー系SIerに転職し、ERPパッケージの構築・保守を中心に、幅広くユーザ業務の改善提案を行う仕事に従事していました。

理想を追い求めビズオースへ 在籍していた会社が大手SIerと資本提携をすることになり、会社の方向性が変わってきました。私がユーザ側にこだわっていたのは、ITへの過剰投資や導入システムのミスマッチを抑制することができるのは、ユーザ側だからこそだと思っていたからです。ITは事業を支える基盤であり、情シスは必要十分なものを作って事業の推進力として機能するべきで、システムづくりは業務とのフィッティング、事業の方向性と調達規模のバランスが重要だと考えていました。しかし、大手SIerとの提携によってソリューション販売方針などが大きく変わり、徐々に私の考え方と違うなと思うようになったため転職を決意しました。ビズオースに決めたのは「機能補完モデル」がまさに私の考え方と合致したからですね。ビズオースの機能補完モデルとは、我々自身がクライアントのシステム部門の一員として長期的にサービスを提供するものであり、これにより、クライアントの業務を熟知し、効果の出しどころを見極めたITの運営が可能となります。また、クライアントにとっては、システム部門に多くの人材を割く必要がなくなるというメリットもあります。前職の経験から、事業会社では情シスに人材を長期的に配置することが難しいと感じていたので、このモデルは画期的に思えました。

自分自身の決定に責任を負う 現在は大手企業のシステム部門に常駐し、複数のシステムのベンダ管理・改善提案などを行っています。入社直後はシニアコンサルタントという肩書で、クライアントと密に接すること、上司や先輩の立ち振る舞いを必死に真似ることで仕事に慣れていきました。私が1日掛けて作った資料に、上司はたった5分のレビューでものすごく的確な指摘をくれたり、議論が見当違いの方向に進みそうになった打合せでは、上司がビシっと指針を打ち出し、一瞬で流れを変えた瞬間に立ち会ったり、たくさんの刺激的な経験をさせてもらいました。徐々に任せていただく仕事も多くなり、1年半くらい経った後マネージャに昇進したことをきっかけに、コンサルタントに必要な覚悟について自覚するようになりました。従来は自分で決定した方針でも、上司が最終判断をしてくれていたのですが、昇進後は自分自身が方針を決定すること、決定に沿って実行した結果に責任を負うことが求められ、その重圧によく悩んでいました。前任の上司がとても尊敬できる方だったので、どうしたらよいか、よく相談にのってもらっていました。現在は、直接相談にのってもらうのではなく、頭の中に仮想の上司を設定するようにしています。もし彼だったら、この場面でどのような判断をするか、その上で自分らしさをどう出していくのか、というアプローチで答えを出すようにしています。私には現在5人の部下がいるのですが、私が上司の背中を見てきたのと同様に部下たちにも私の背中を見て成長してもらえるように意識しながら、覚悟を持って行動しています。

新しいビズオースの価値を一緒に創造するチームへ ビズオースは、ユーザ系SIerからの転職者には活躍しやすい会社だと思います。クライアントに対し、自分ならどうするかをストレートに言える環境、しがらみのないソリューションを提案する環境があり、少なくとも私にとってはベストな職場だと感じています。また、最近では20代~30代の若手世代が増えてきたことで組織の厚みが感じられるようになりました。私と一緒にチームを作っていただける若手の方、一緒に新しいビズオースの価値を創造していきませんか?

主な経歴

業界 参加プロジェクト
大手不動産会社 情報システム部門業務支援・システム管理支援

入社前に独立系SIer・ユーザー系SIerに所属した為、要件定義からプログラミングといったシステム構築の全工程を経験しています。
この強みを活かし、クライアントにとってより最適な課題解決をご提供します。
またSIerとは異なり、場合によっては「システムを構築しない」こともご提案します。
こういったご提案を出来ることが、我々の強みと考えています。